他会との掛け持ちについて

 当会では労山加盟の会で、相互に掛け持ちを認め合える会であれば掛け持ちを認めている。

 これは同じ労山の会なので、別の会に技術を伝えてくれる可能性もあるからだ。また、当会ではハイキングがどうしても足りないので、それを補うという側面はある。

 経験豊富なアルパイン山行計画を自ら立てられるリーダークラスの方やハイキングのみ参加の方の場合は、掛け持ちの場合でも当会の山行を優先するという規定にはあてはまらないので、基金のことを考えると、掛け持ちのメリットもあると考えられる。

 入会希望の方の中にも、「今入っているABC会でアルパインができないから神楽坂ACでクライミングをしたい」と言いつつ、「今所属しているのABC会もやめたくない」という方も多い。

 しかし、こうした方々は一度よく考えて見ていただきたい。

 同じ日程でふたつの会で企画がたった場合、掛け持ちしている人はどうするのだろうか?

 ABC会で面白い企画があったらそちらを優先し、神楽坂ACでつまらない講習や簡単な山行だったら参加しない、ということになるのだろうか?

 例えばABC会で大キレット越えの縦走計画があり、神楽坂ACで過去に一度登ったことがある北岳バットレス登攀計画がバッティングした場合、「バットレスは一回行ったから、キレットだよねー」というノリで「選択」されたら、こちらとしては「なんだかなー」という気持ちになる。

 例え話をするなら、「家庭は壊したくないけど、愛人もいるといいなー」というノリと一緒ではないのか?

 都合の良い時だけ、「私の興味と関心と都合」だけで山岳会と計画を選択されたら、やってらんねー、と思うでしょ、ふつう。

 だから、たいていの登攀中心の山岳会は掛け持ち禁止、である。命綱を握り合うのに、勝手な選択をされたら、信頼関係が構築できないので、掛け持ちは倫理的にできないはずなのだが、不届き者が出るようになったので、掛け持ち禁止としているのである。

 掛け持ちOKなのはハイキングクラブがほとんどだ。

 当然、アルパインはできない。だってハイキングクラブなんだから。

 だから、ハイキングクラブで活動していくのか、登攀に真剣に向き合うのか選択を迫られるのは当然のことだ。

 だが、そんな基本はいつしか忘れ去られ、登攀とハイキングをごっちゃにする会が増えた。

 それと同時にアルパインリーダーも山岳会を去って行った。

 実は、現在の山岳会でアルパインリーダーが不足しているのは、もちろん日本社会の働き方の問題もあるのだが、「私の都合と興味に合わなければトレーニングなんてしたくないし、つまんない山行はパス」「面白い方があったらそっちに行く」「他の人のためになにかするのなんてバカらしい」「自分だけ得すればそれで良い」「同じルートに二度行く必要はないから後輩を連れていくなんて考えたくない」という風潮が蔓延した結果、リーダー経験者が「こんなの、やってらんねー」とサジを投げまくった結果なのである。

 そんな考察もできず、「なぜ掛け持ちしたらいけないんですか」と逆ギレする入会希望者もいる。

 面倒なので、「会によって事情が異なります」とか「救助体制の問題で」とか、テキトーな返事をすることにしている。

 だが、本当は、「アルパインを舐めてるんですか、ディズニーランドに行くワケじゃありません」とお答えしたいくらいだ。

 今の会を辞めたくない、というのはわかるので、それならばそちらで活動されたらよろしいのではないか。

 「今の所属会でアルパインをしている人もいるけれど、その人たちは他の会との掛け持ちなので、そういうことができるといいなと思ってここにきた」という方もいらっしゃる。「今の所属会ではできない岩登りをガイドでしているけれど、資金が続かないから、別の山岳会で、ガイドでしているようなことをしてくれれば、そっちもやりたい」そうです。

 正直、耳を疑う。

    それならば、まずは所属会の方々が掛け持ちしている会を紹介して貰えばいいのではないだろうか?

 あるいは、今の所属会でアルパインの経験がある人たちがいるのであれば、その人たちに教えて貰えばいいのではないだろうか?

 そのどちらもできない、あるいは、頼んでも断られる、というのであれば、その会に所属している意味があるのだろうか?

 その会やその会の人たちに問題がないのだとすると、断られる人の方に問題があるのではないか。

 このように理屈で考えていくと、意味不明の言動をしていると自分で気づきませんかね?

 「ガイド頼みだと費用がかかるから」「所属会のアルパインリーダーには相手にしてもらえない、だから別の山岳会で・・・」と考えても、結局はどの会に行っても同じことの繰り返しなのでないか。

 どの山岳会も「連れて行ってもらおうとは考えないでください、ウチはガイドじゃありません、山岳会です」と標榜しているはずだ。

 それならば、「無料のガイド」を山岳会に求めるあなた自身のマインドセットを根本的に変えない限り、永遠に青い鳥のような山岳会を探し続けて放浪の旅に出ることとなる。

 実際、あちらこちらの山岳会をホッピングしていると思しき方々も面接にいらっしゃる。

 残念ながら、「無料で、安全に、自分の都合に合わせて、自分の行きたいところにだけに連れて行ってくれる私にぴったりのガイドみたいなリーダー」のいる山岳会は存在しない、と断言できる。

 こうした傾向のある方は、いい加減、目を覚ましていただきたい。

 皆さんはいい年をした社会人なんですから。

 アルパインクライミングという生死をかけた活動に踏み出そうとしている人にはこうしたことは常識の範囲だと考えていたのでわざわざ断るまでもないと考えていたのだが、もし上記のような考え方で他会との掛け持ちを考えているのであれば、お門違いも甚だしい。

 当会で掛け持ちを許容する場合でも、アルパインクライミングを志向する場合、クライミング計画はこちらでの山行を優先していただく。他会での計画に参加できるのはあくまで 神楽坂ACで会山行と会員募集山行の設定がない場合のみであることを記銘していただきたい。

 当会では、やる気と適性さえあれば、初心者の面倒はみる。(キッパリ)

 トップロープも張って進ぜよう。

 だが、本人に「いつかは自立しよう」という気概があり、適性がある場合のみ継続可能な活動だ。

 口先で「自立しますから」と言ってきても、こちらも人間が古くなって知恵が回る年齢になったので、そうそう騙されませんから・・・

 適性は活動を共にしているうちに見極められる。

 もちろん結果としてクライミングの難度をあげられない場合も出てくるだろう。

 適性がないことが判明したりもする。

 それはそのときに進むべき道を指南する。

 レベルが上がらないことと自立しないことは同義ではない。

 そこまで指導するなんて、神楽坂ACって、至れり尽せりじゃありませんか?

小豆島にて
小豆島にて