山の日week・雨飾山

 雨飾高原キャンプ場の駐車場で車中泊する人もいるとのことで、駐車場に車を停めれるか心配だったので3:40に道の駅小谷を出発した。道の駅小谷から雨飾高原キャンプ場までは30分ほどである。4:10に駐車場に到着すると、既に20台停まっていた。5:30頃には24台となり、下山した10:18には路駐も含めて60台弱となった。5:00には車中泊の人達が続々と登山準備を始めたので、予定より早い5:27に登山口を出発した。駐車場にはトイレ、靴洗い場、自販機、携帯トイレの自販機があった。登山口からすぐのところに携帯トイレ回収ボックスが設置されていた。15分程平坦な道を歩くと、急登が始まる。山頂までは所々に「雨飾山 ○/11」という案内標識があった。荒菅沢へ下る手前に携帯トイレブースがあった。登山口からだと1時間程の所である。荒菅沢からはガスで雨飾山が見えなかったが、下りは見れるだろうと先を急いだ。荒菅沢から笹平分岐まではハシゴや岩場の急登を450m程登る。視界が開けるので、景色を楽しみながら登れる。山頂直下まではクマザサの生い茂った平坦な道を歩く。朝露でズボンが濡れてしまった。山頂直下から50m程岩場の急登を登ると山頂(1963m)に到着する。山頂は風が吹いていたので肌寒く感じた。気温を見てみると18℃であった。到着した頃にはガスがとれ、槍ヶ岳、餓鬼岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬鑓ヶ岳、雪倉岳そして数日前に登った朝日岳、栂海新道、日本海が見えた。雨飾山は山頂から笹平分岐方面を見た時に、登山道が「女神の横顔」に見えることが有名らしい。景色に見とれて35分休憩後、下山を開始した。荒菅沢までの下りは急な岩場であるため、慎重に下りた。荒菅沢からは行きは見えなかった雨飾山が見えた。